2009年11月05日

ナユタとフカシギ

スキマスイッチ4thアルバム「ナユタとフカシギ」フラゲすることが出来ず、
発売日当日の昨日に買ってきました!

そして、「別冊カドカワ」も隣の本屋さんで購入。

家事の合間に、CDを聞きながら、カドカワを読み、
久しぶりに、スキマ漬けな1日でしたハートたち(複数ハート)

アルバムは何度かリピートして聞いたけど、
なんだか「ゴールデンタイムラバー」を始めて聞いた時の
衝撃の方がでかすぎで、まだ聞きなじめていません。

「夕風ブレンド」はかなり作りこんだ感じがしたし、
曲数も多かったから、それに比べると正直、曲数も少ないし、
作りこみが軽い感じもしますね。
(本人達も、荒削りだと言っていましたが)

とりあえず、今までのアプローチと違うなぁってのは思いました。

パッと聞いた感じでは「双星プロローグ」のドラム始まりが良いですねるんるん
管楽器も入って、音も華やかだし、
早くライブで大橋くんが歌っているところを見てみたいですグッド(上向き矢印)

「デザイナーズマンション」も、あんなにカッコイイ音なのに、
歌詞に全く意味がないってのがちょっと気に入ってます。

「SL9」のサビを聞いて、一瞬レミオロメンかと思いましたww
アレンジとかはレミオロメンっぽくないんだけど、
サビメロのせいかな?サビに入るところのアレンジのせいかな?
歌詞が、シンタくんの体験に基づいて書かれているってのも、
スキマの歌詞のアプローチとしては新しいですよねぴかぴか(新しい)
しかも、歌っているのは大橋くんってとこが、更にポイント。

ラストの「光る」もタイトルがスキマっぽくない!
でも、編成がストリングスと鍵盤という、シンプルな編成で、
大橋くんの声の良さが際立っているように感じました。


あとは特典DVD。
今回は面白ネタがない代わりに、音楽ドラマが入っていて、
予想以上に面白かったですグッド(上向き矢印)
AアングルとBアングルだけを聞いていたら、
男の方は未練を引きずりまくっているだけだったので、
ドラマが清清しい終り方で良かったです。

スキマの2人も、意外な場所で登場してるしww
また、大きな画面でじっくり見ようかな。

さて、このアルバムをひっさげてのツアーが年明けから始まりまするんるん


posted by さや.Co at 12:53| Comment(0) | スキマスイッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。